新しい日常のなか、「共生共創事業」はゆっくりと歩きはじめています

皆さん、お変わりなくお過ごしですか?
五月下旬に緊急事態宣言が解除され、社会は新たな日常に向かって歩みはじめました。神奈川県下でも、大勢が集まる催しこそ難しいものの、さまざまな文化施設やホールが門戸を開け始め、文化芸術の活動再開への兆しを見せています。また並行して、インターネット上の配信システムを使ったいわゆる「オンライン」や「リモート」での創作活動に、多くの方が参加するようになってきています。

共生共創事業でも、横須賀シニア劇団「よっしゃ!!」が週二回のオンライン・ワークショップをたのしみ、綾瀬シニア劇団もろみ糀座も、新たなプロジェクトリーダーである倉品淳子さんの指導のもと昨年度から所属するメンバーとのやり取りを開始しています。ダンス企画「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」では、多くのシニアにご自宅でできるダンスレッスンをご提案するため、動画を作成中です。さらに、九月以降に行う公演事業として、身体のコンディションや世代を超えてさまざまな方々とともに創作活動を行い、舞台に立って表現するよろこびを味わうための催しを計画しています。

一方、規模が小さくなってきたとはいえ、新型コロナウィルス感染が完全に終息していないことを私たちは常に留意しなければなりません。無理をせず、ゆっくりと歩きはじめましょう。梅雨の湿気、初夏の暑さも迫りつつあります。徐々に、徐々に、現在にふさわしい新たな生活のペースを掴み、そのなかでできる創作活動を、皆さんとご一緒に親しんでいきましょう。

みんなの声、大募集!!

「共生共創通信」は、「みなさんと一緒に記事をつくる」というコンセプトのもと、みなさんからのご意見やご投稿を紹介するコーナーを企画しています。
是非、下の投稿フォームから共生共創通信にご参加ください!

共生共創動画

シニアのためのお家でできる心軽やかダンスレッスン
共生共創事業PV
横須賀シニア劇団よっしゃ!!劇団歌StayHomeバージョン

号別トップ

GO TO
TOP