子育て終了後、退職、定年後の皆さんと、ともに創り、創作のよろこびを分かち合う「場」を構え、
「人生100歳時代」がより豊かなものになることを目指して、舞台芸術が高齢化社会に果たしうる役割を模索する試みです。