dance /

スクランブル・ダンスプロジェクト「いま、生まれたばかり」


アンケートにご協力をお願いいたします。 下記のURLから回答フォームに進んでください。
https://krs.bz/kanagawaaf/m/scramble_dance

Scramble Dance Project “Born Just Now!” Click here for a summary in English

1) About Scramble Dance Project
At Scramble Dance Project, both people with and without disabilities dance together. The project began in 2016 in Odawara city, Japan.
All kinds of people take part in our workshops: people of various ages, occupations and abilities. Some are professional dancers, some work, some are students, some are in wheelchairs, and some can barely speak. But we all love to dance.
The workshops are led by butoh dancers: first the late OHNO Yoshito, and now MATSUOKA Dai. With the guidance of the leader, we move our bodies freely in response to music, atmosphere, light and wind.
People with disabilities often don’t hold back. Their candid expressions are infectious, and even those who are shy at first blossom in the joy of dancing.
Sometimes we choreograph something together, sometimes we copy one person’s beautiful movements.
The barriers between people with and without disabilities disappear as we connect through dance.
And the more we dance, the more we are convinced.
Convinced that every person is unique and irreplaceable.
People who watch us sense this, and can’t help but move their bodies too.
All of us living in the here and now, united through dance.
This is Scramble Dance Project.

2) About “Born Just Now!”
With mountains, a city and the sea, Odawara is a place of many faces. A city rich with nature, in harmony with the community who lives there. There is great beauty in the people of Odawara, as they dance with joy with the rich nature, winds, sea, sun, greenery and earth. For those of us that live here, every place is precious, and every step is a precious step. With every step forward, we move to the future…
This dance film is divided into four themes: Light, Sea, Town and Life.

【00:07】Scene 1 —Towards the Light— https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=7
We all start life in our mother’s belly. Relying on light and sound, we travel towards birth, glowing with life as we inch our way to the outside world. Our dance begins here.

【06:10】Scene 2 —Praying to the Sea— https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=370
The sea is mother to all life, and we are connected to all life in the sea. As we give thanks to the cycle of life, we promise to live our lives to the fullest. Confirming our own intentions our bodies rejoice, and come to life in celebration.

【12:02】Scene 3 —Connecting Hearts— https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=722
Kindness connects our hearts. In this world we support each other, brush our hearts against one another as we weave our future together. Wouldn’t it be great if everyone in the world could do the same?

【17:27】Scene 4 —The Dance of Ubusuna— https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=1047
Ubusuna is the guardian deity of the land on which we are born. A newly born life emits a pure radiance with no attributes or connections. Ubusuna watches over this radiance, and teaches us how to live with others to light our path for the future. This ODAWARA DANCE! celebrates the land that has supported the Scramble Dance Project members in this creation.

In cooperation with:
・NPO LAND FES
A non-profit organisation that aims to promote performing arts and participatory live events, and create a diverse society through projects that creatively combine “performing arts”, “local communities” and “minorities”.
Since 2011 they have held an annual mobile performing arts event “LAND FES”, which takes place in the city. They have also been involved in organising workshops for people with disabilities since 2014. In 2020 they started the “LAND FES PLUS” community with the aim of connecting to a post-pandemic life, producing dance films set in various locations.
https://landfes.com/

・Art de Vivre
A support facility for people with disabilities in Odawara city. Based on the wish for people with disabilities to be able to live a life of their own choosing, the organisation works together with art director NAKATSUGAWA Hiroaki to run creative activities with the aim of generating income to help the participants become socially independent. The name “Art de Vivre” comes from the French word meaning “to live as you are”.
http://artdevivre-odawara.jp/


ハンディキャップのある者・ない者が「共に」クリエーションに取り組むスクランブル・ダンスプロジェクト。「多様性」という言葉を一番理解しているのは彼らなのかもしれない。
山と街と海と……様々な表情をもち、豊かな自然と人々の暮らすコミュニティとの調和のとれた小田原。その豊かな自然、風・海・太陽・緑・大地との調和を喜び激しく踊る姿は美しい。ここで暮らす人々にとってひとつひとつの場所が大事な大地であり、自分たちの一歩一歩も大事なステップ。この一歩から未来に続く一歩へと……。
「光」「海」「街」「生命」をキーワードにした4章の映像作品。

【00:07~】Scene1 ―ひかりに向かって― https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=7
人は全て、母親のお腹の中から出発する。光と音を頼りに、産道の旅をする。ひたむきに、外の世界へと飛び出そうとする一つ一つの命の輝き。ダンスはすでにそこにある。

【06:10~】Scene2 ―うみに祈る― https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=370
海の中にも母がいて、そこから産まれた命もまた、私たちの命と繋がっている。大きな生命の循環に感謝しながら、一生懸命に生きることを自らに誓う。自らの意思を確かめたからだが喜び触れ合い、祭りが生まれる。

【12:02~】Scene3 ―つながる鼓動― https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=722
優しさが、鼓動を繋げる。この世界には、支え合うものたちがいて、互いの心を寄せ合いながら、未来を紡ぐ。人の街は、それを見守ってくれる場所であるといい。

【17:27~】Scene4 ―うぶすなの踊り― https://youtu.be/BWNgUxPZzss?t=1047
産まれた土地の守り神をうぶすなと呼ぶ。うまれたばかりの命はまだ、何の属性もなく、何の繋がりも持たない、純粋な輝きを放つ。うぶすなは、その輝きを見守りながらも、これから向かう道を照らすために、他の命と共に生きることを教える。スクランブル・ダンスプロジェクトのメンバーで共に創った、この地で支え合う者たちを祝う踊り「ODAWARA DANCE!」。


【演出・出演】松岡大

【出演】
蘆田珠希 安達夏美 阿部花凛 石垣順平 大津宏平 奥津大希 尾崎美穂
佐々木拓 田畑菜乃果 野村雅弘 萩原幹大 平井礼央奈 二見リカ 待寺優
山田和彦 山田知寛

【友情出演】福澤香織 石井琴晴

【作曲】武田直之
【衣装】西川千明
【撮影・編集】NPO法人LAND FES
【制作】樫村千佳 松井真理子

【公開日】2022年2月2日(水)
【配信】かなチャンTV(神奈川県公式Youtubeチャンネル)
    https://youtu.be/BWNgUxPZzss
【料金】無料

トレイラー

スクランブル・ダンスプロジェクト「いま、生まれたばかり」トレイラーshort ver.

スクランブル・ダンスプロジェクト「いま、生まれたばかり」トレイラー

スクランブル・ダンスプロジェクトとは?

2016年より小田原市「文化創造活動担い手育成事業」として、舞踏家の故大野慶人、山海塾舞踏手の松岡大を講師に、認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴル共催の協力を経て「障がいのある人もない人も共に踊る」をコンセプトに始まる。ワークショップと発表会を積み重ねる中で、障害の有無に関わらず一人ひとりが「自由な身体表現」「調和のある表現」「魅せる表現」を体得している姿が感じ取れる。2021年3月に小田原市民会館大ホールにてワークインプログレス『ひかりのすあしへ向かって』を開催。同年4月より任意活動へ移行し、12月には新作公演『無限に咲く』を開催、2022年1月には小田原三の丸ホール開館記念企画「コネクションズ」のイベント作品『SCORE』にダンス出演するなど、活動の幅を広げている。

認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴル

生活介護・就労継続支援B型の多機能型事業所として小田原市久野に拠点を置く。「障がいがあっても自分で選択していく人生を送ってほしい」という願いのもと、アートディレクター中津川浩章とともにアートを中心とする創作活動に取り組み、彼らの社会的自立のため、活動による収入を得ることを目指している。アートワークショップのほか、織り、陶芸、料理、英会話、親子ヨガなど、障がいを持つ人のためのさまざまなプログラムを定期開催している。アール・ド・ヴィーヴルという名称は「自分らしく生きる」という意味のフランス語に由来する。
http://artdevivre-odawara.jp/

プロフィール

演出・出演:松岡 大

写真:宮川舞子
2005年より山海塾に舞踏手として参加。「金柑少 年」「とばり」「卵熱」「ARC」などの主要作品に出演中。2011年より、街を歩きながらミュージシャンと ダンサーによるライブを鑑賞するウォーキング形式のパフォーマンスイベント「LAND FES」を主宰。2018年より小田原市にて、障がいの有無を越えて共にダンスを創る「スクランブル・ダンスプロジェクト」で講師を務める。NYのシアターカンパニー「Phantom Limb Company」の舞台に出演するなど、海外アーティストとのコラボレーションも多数。Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 「Tokyo Real Underground」キュレーター。

作曲:武田直之

武田直之、Datakestra、Anuthaという3つの名義で活動中の作編曲家/DJ。アーティストとして海外向けに楽曲を発表する傍ら、プロジェクト大山、五十嵐結也のダンス作品にも音楽家として参加。また、NHK「天才てれびくん」、大成建設ギャルリー・タイセイ「バーチャル・ギャラリー」、 富岡製糸場、TOYOTA LexusのWebプロモーションムービーなど、各種プロジェクトに楽曲を提供している。iriやHeartbeat、lyrical schoolといったJpopアーティストのトラックプロデュースも手がける。


衣装:西川千明

大阪モード学園卒業後、劇団四季に11年在団。退団後は斉藤惇夫原作のミュージカル「冒険者たち〜この海の彼方へ〜」、to R mansion「The Wonderful Parade」(第5回世田谷区芸術アワード”飛翔”舞台芸術部門受賞)、フィンランド×日本現代サーカス交流プロジェクト「Air /エアー」などの衣装デザイン、プランニングを担当。


撮影・編集:NPO法人LAND FES

2011年より舞台芸術の新しい鑑賞方法を普及するために吉祥寺、高円寺、中延、仙川などの街を舞台にした移動型のパフォーマンスイベント「LAND FES」を継続して実施。同時に、障害を持つ人々を対象にしたワークショップを2014年から積極的に重ねている。2020年にはポストパンデミックの活動に繋げていくためのコミュニティ「LAND FES PLUS」を開始し、様々なロケーションを舞台にしたダンス映像の製作と配信を行っている。
https://landfes.com/

ロケ地

小田原三の丸ホール 小田原宿なりわい交流館 石垣山城(一夜城)
小田原城址公園 小峯御鐘ノ台大堀切(史跡小田原城跡)
御幸の浜 松原神社 龍宮堂
アール・ド・ヴィーヴルギャラリーカフェ


製作協力:NPO法人LAND FES 認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴル
撮影協力:小田原市 小田原城総合管理事務所 神奈川県西部漁港事務所 松原神社 龍宮堂
主催:神奈川県 スクランブル・ダンスプロジェクト
企画・製作:公益財団法人神奈川芸術文化財団
令和3年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業