dance /

『電撃障がい者創作創造プロジェクト』第2回

日々の仕事を楽しく! いつもの仕事をダンスにして、働きながら踊っちゃう!

2月14日(日)11:00〜
キッチンダンス『まどかさんのお弁当づくり

第2回配信番組


横浜市旭区にあるまどか工房は、お弁当づくりに大忙し。ここ、まどか第三施設のメンバーは日々、割烹着に身を包み、美味しいランチを各地にお届けしています。そんな「お弁当づくり」をテーマに、いつものキッチンでダンスを創作しました。働くことは踊ること。モモンガ・コンプレックスの白神ももこさん、仁科幸さんの協力を得て、日常のすぐ身近にあるダンス創作に挑みます。旭区が各事業所がパフォーマンスを競い合う「D-1 グランプリ」にも挑戦!

番組構成(全30分):ゲスト紹介、映像作品発表、アフタートーク

出演:國井直紀、浦郷大佑(まどか工房お弁当づくりメンバー)
仁科幸(モモンガ・コンプレックス)
清水宏(MC)

「キッチンダンス」映像作品


振付:白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)
振付助手:仁科幸(モモンガ・コンプレックス)
音楽:『♪Cooking Papa』 by Riotgirlz(作詞:Riotgirlz 作曲:浦郷大佑)
監督・編集:飯塚聡


【プロフィール】
國井直紀
まどか工房第3作業所でお弁当作りに日々関わる。お米の準備や盛り付けを中心に力を発揮。みんなが気付かないところを、さりげなくカバー。「俺、やっといたぜ!」とナイスな笑顔で報告してくれます。ニックネームは、「くに」「くにちゃん」 でも本当の名前は「櫻井翔くん」なんです。ジャニーズのとりわけ、嵐のことなら任せてちょうだい! 嵐・愛はとまらないっ!

浦郷大佑
まどか工房の職員。大学で福祉系学科に在籍しながらも、勉強そっちのけでバンド活動に専念。卒業後は趣味でバンド活動をしながらサラリーマンをしていたが、色々なことがあって原点回帰。福祉の世界に戻り、まどか工房で働くことになる。利用者の支援を通じながら、心に埋もれたクリエイティブ魂を密かに温め中。

まどか工房
横浜市旭区で菓子製作、喫茶店、美術創作、弁当づくりを行っています。利用者・職員・関係者が円く手をつなぎ、穏やかな日々を送る作業所として開所。障害のある人たちにとっての「会社」として運営しています。
https://yume21.net/?page_id=195

白神ももこ Momoko Shiraga
振付家/演出家/ダンサー/ダンス・パフォーマンス的グループ「モモンガ・コンプレックス」主宰
一見シンプルでくだらないとされてしまうことに物事の本質を見出し、馬鹿正直かつパンクに取り組む。『わたしたちは、そろっている。』フェスティバル/トーキョー20参加作品@東京芸術劇場シアターイースト(2020)など。2017—2018年度セゾン文化財団ジュニアフェロー。富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督。
https://momongacomplex.info/

仁科幸 Miyuki Nishina
1991年東京都生まれ。幼少の頃よりクラシックバレエを始める。お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科卒業、同大学院人文科学研究科修了。2013~2014年、珍しいキノコ舞踊団に所属。モモンガ・コンプレックスとは、モモンガ・コンプレックス ⇄ 珍しいキノコ舞踊団『Together さ。』(2014)で初対面し、 2019年よりメンバー参加。近年の出演作は、カンパニーデラシネラ『椿姫』『ふしぎの国のアリス』、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出『キネマと恋人』、ザ・ボーナストラック『フルパレス』など。身長173cm。

監督・撮影・編集:飯塚聡
iitsuka映像作家、イベントなどの企画・運営。1970年奈良県生まれ、1981年島根県簸川郡斐川町(現・出雲市斐川町)に転居し高校卒業までを過ごす。屋号「糀屋(こうじや)」は島根県の実家から引き継いだものである。1989年筑波大学第二学群比較文化学類に入学(1993年中退)の後、KYOTO映画塾(松竹株式会社主宰、京都市右京区松竹撮影所内)を経て、1995年映画製作会社シグロ(東京都中野区)に入社。劇映画『絵の中のぼくの村』(1996東陽一監督作品、製作デスクとして)、記録映画『まひるのほし』(1998佐藤真監督作品、助監督として)などの映画作品の製作・上映・配給の他、テレビ番組の制作に従事する。1998年シグロ退社後にフリーランスの番組制作スタッフとして活動を開始し、2000年ディレクターに。以後、合計100本を超える番組の演出を手掛けてきた。

番組パーソナリティ

清水宏 (日本スタンダップコメディ協会会長)
清水宏スタンダップコメディアン・俳優。この日本で忖度のない自由なエンタメ・スタンダップコメディを広めるために、ぜんじろう、ラサール石井と共に「日本スタンダップコメディ協会」を設立し会長に就任。神奈川県では、2017〜2019年に県主催の定期イベント「マグカルナイト」でレギュラーを務めるとともに、真鶴町、山北町、葉山町、綾瀬市での滞在型オリジナル作品創作を行ってきた。


共生共創事業×電撃障害者商品企画会議VACCURS
『電撃障がい者創作創造プロジェクト』

https://kyosei-kyoso.jp/events/vaccurs2021/
第1回 新たな才能を発見! 福祉施設で活動する個性派ロックバンドが登場!
https://kyosei-kyoso.jp/events/thekentydonuts/
第2回 日々の仕事を楽しく! いつもの仕事をダンスにして、働きながら踊っちゃう!
https://kyosei-kyoso.jp/events/madoka/
最終回 検証! 福祉施設のスタッフと一緒に第1回〜第2回の創作を振り返り、障がい者と舞台芸術の可能性について語り合う
https://kyosei-kyoso.jp/events/vaccurs_sympo/

お問合せ

KAAT神奈川芸術劇場 共生共創課 080-5885-3373

主催:神奈川県
協力:studio COOCA まどか工房 若葉町ウォーフ サンダースネイク厚木
企画製作:KAAT神奈川芸術劇場 公益財団法人神奈川芸術文化財団
令和2年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業